これががんの先端治療!最新式の治療を取り入れて、がんを撃退しましょう

がんの治療の種類について

がんは、日本人の死亡原因の第一位です。それだけ怖い病気ですが、治療法はいくつもあります。怖がるばかりでなく、積極的に立ち向かえば、克服も可能です。どんな治療があるのか、見てみましょう。まず、三大療法といいう治療法があります。手術、放射線、抗がん剤です。誰しも一度は、お聞きになったことがあるでしょう。ただし、これらの治療は、かなり体に負担になります。そこで、新たな治療法が生まれました。先端治療です。内容は、遺伝子治療と免疫治療です。副作用も少なく、体への害も出にくくなっています。かなり進行したがんにも有効なので、重いがんになったからといって、希望を捨ててはいけません。

先端治療の具体的な内容は?

まず、遺伝子治療です。がんは、細胞の突然変異によって起こります。その変異した細胞にタンパクを投入し、がんを自然死させ、細胞を正常化するのが、遺伝子治療です。副作用もなく、すべてのがんに効く画期的な治療です。次は、免疫治療です。免疫は、もともと私たちの体に備わったシステムです。ウィルスや細菌などの異物と戦い、病気を防ぐ働きをしています。また、細菌やウィルスだけでなく、突然変異したがん細胞などの異常な物質も抑え込みます。この免疫を、患者さんの体内から抽出し、培養して、活性化させたものを再び体内へ注入します。これが、癌の増殖を防ぐのです。遺伝子治療と同じく、副作用が少なく、体への負担がほとんどありません。がんになったら、このふたつの治療をぜひとも受けたくなるでしょう。それだけ、期待が高い治療法です。

先端治療の費用について

遺伝子治療にせよ、免疫治療にせよ、大きな効果があるのに、どうして大々的に行われないのか、疑問を感じる向きもあるでしょう。それには、理由があります。健康保険が適用されないのです。したがって、先端治療もカバーしてくれるがん保険に入っていないと、なかなか治療を受けられません。そんなことも予期して、なるべく保証範囲の広い保険に入っておきましょう。その一方で、すでにがんになったことがある人はどうすればいいでしょうか。大丈夫です。がんを患ってからでも、入れる保険があります。やはり、先端治療も保証してくれる場合があるので、検討されることをお勧めします。ただ、保険料は、割高になります。

がん先端治療のメリットとして、これまで治療の余地がなかったケースに対応できることはもちろん、将来の臨床の現場に応用できることが挙げられます。

You Might Also Like