どんなメリットがあるの?照明をLEDにするメリット3選

有名なのは省エネ効果!

一般的な電球からLED照明に変える事で得られるメリットとして有名となっているのは、省エネ効果ですよね。付け替えるだけで月々かかる電気代を抑える事が出来ます。また、LED照明は従来の電球と比較すると数倍以上寿命が長くなっているので、電気代だけではなく交換費用や手間もかからないといったメリットもあります。白熱電球等は、寿命になると突然切れてしまいますが、LED照明は徐々に暗くなっていくので交換のタイミングが分かりやすい事も特徴なんですよ。

低発熱で赤外線・紫外線がない!

電球は電気を点けてしばらく時間が経つと熱くなるといった特徴があります。触ると火傷する場合がある程の厚さになる事もある事から設置出来る箇所が限られています。一方、LED照明は長時間点灯させても熱くならなくなっている事で様々な場所に設置する事が可能となっているんですよ。また、赤外線・紫外線フリーとなっている事から自宅の本やインテリアが日焼けをしないので書斎や美術品等を保管している場所にも適しています。

使いやすさも魅力の1つ!

工場や倉庫で使用されている水銀灯は明るくなるまでに時間がかかりますよね。しかし、LED照明は、瞬時に点灯する事が出来る事で電源を入れた瞬間から部屋全体を明るくする事が出来ます。また、現在では白昼色や電球色といった発色調光が可能となっているLED照明は、フルカラー調光も出来る商品の開発が進んでいる事で将来的には、部屋の明かりを自分の好みの色にするといったインテリアの一部としてオシャレな活用方法が出来るようになります。

LEDライトパネルは、店頭における集客目的での使用をはじめとした様々な活用法が存在し、バックライトの耐久性や省エネ性といった魅力も感じることができます。

You Might Also Like