生理不順って何?そして原因や対策を探る!

生理不順とはどんなこと?

女性は思春期になると月経を経験し、それから約1か月に数日間規則正しく出血するようになります。この仕組みはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンによって絶妙に調整されています。排卵前はエストロゲンが単独で働いていますが、排卵後にプロゲステロンが加わって規則的なサイクルとなります。この規則正しいサイクルが何らかの原因によって乱れ、ホルモン分泌に障害が生じている状態を生理不順といいます。

どんなことで生理不順になる?

ずっと順調で何の問題もなかった生理周期、しかし突然バランスを崩して生理不順となった場合必ずそこには原因があるのです。基本的にはストレスが悪さをしている可能性が高いです。ストレスは人間関係がうまくいかないなどの精神的なことから、無理なダイエットや激しいスポーツなども体にとってストレスとなってしまいます。不規則な生活も生理周期に悪影響を及ぼします。卵巣の病気によって生理不順となっている場合もあるので軽視はできません。

生理不順を抜け出すには

生理不順となってしまった場合、次に考えることはそれを解消していくということです。生理不順であるという現状を考えすぎると、それが更にストレスを生んでしまい悪循環に陥る可能性があります。こういった無駄な精神的ストレスを取り除き、まずは規則正しい生活です。バランスの良い食事と適切な睡眠時間の確保はホルモンバランスを整えるのにシンプルかつ最良の道です。規則正しい生活を軸に、アロマテラピーなど自分なりにリラックスできるアイテムを導入すると更に効果的です。

働く女性の増加に伴い、平日に仕事があり通院できない女性のために、都市部を中心に日曜日に婦人科通院できる病院が増えてます。

You Might Also Like